期間限定情報 ►►
すらら発達障害支援の専門家による「すらら」が
期間限定
入会金0円キャンペーン中です。

✅ 詳しくは➝https://surala.jp

発達障害「視覚優位」の中学生が理解しやすい3つのおすすめ勉強法

yukky

こんにちはグレーゾーンのゆっきーです。

今回は「発達障害(視覚優位)におすすめの勉強法が知りたい」という疑問に答えます。

発達障害で視覚優位があるときは決してマイナスではなく、視覚情報の理解度に優れるためプラス効果が大きと考えるのがおすすめです。

また視覚優位の場合は、図表などの解析能力にも長けていることが特徴。したがって視覚情報が多用された勉強法を用いることによって、より理解度アップへつなげることが期待できます。

  • いくら、文章解説の教材などを与えても理解できない‥
  • ほかの子供と比べて学習能力が低いのだろうか‥
  • 発達障害があるから勉強ができないのだろうか‥

もしこのような疑問を抱えていれば、これは視覚優位における問題なので悩む必要はありません。

視覚優位という特性によって学習理解度が低下している状況で、解消すべき問題は「視覚優位に適した勉強法」を与え実践することです。

しっかりと視覚優位に適した勉強法を行うことで、驚くほど理解度アップできる場合もあります。

そこで私の経験を踏まえたうえで、発達障害(視覚優位)におすすめの勉強法について、とくに優位度の高い3選に絞り込んで紹介します。

発達障害「視覚優位」の中学生におすすめ3つの勉強法

発達障害「視覚優位」の中学生におすすめ3つの勉強法

私もどちらかといえば聴覚優位というよりも、視覚優位が強い傾向。

そんな発達障害(グレーゾーン)の経験からすると、つぎの3つが視覚優位におすすめです。

  1. 通信教育(アニメーション授業)を利用する
  2. 通信教育(講師授業)を利用する
  3. オンライン指導を利用する

いずれもインターネットを使った勉強法で、いわゆる通信教育という学習スタイルになります。

視覚情報中心の家庭学習ができるため、極めて理解へつなげやすい勉強法。

さらに詳しく解説していきます。

視覚優位おすすめ勉強法①通信教育(アニメーション授業)を利用

視覚優位おすすめ勉強法①通信教育(アニメーション授業)を利用

勉強法のメリット
  • 視覚情報中心の学びによって理解しやすい
  • 視覚情報に「動き」が伴うため理屈がわかりやすい
  • 楽しさを感じやすく勉強苦手でも興味を持ちやすい など

私が視覚優位におすすめする勉強法は、通信教育のなかでも「映像授業」が搭載されたデジタル教材。

この映像授業はかなり視覚的に得られる情報が豊富で、発達障害(視覚優位)という場合にベストともいえる優位性の高さが大きな特徴です。

とくに映像授業でも「アニメーションスタイル」というのは動きや音声といった理解しやすい解説がメリットで、さらに楽しさを感じやすいため勉強が苦手という場合にも適した勉強法になります。

たとえば算数や数学の図形分野など、視覚情報が重要となる場合。

静止した図形解説が豊富にあることによって視覚優位にとって理解しやすいですが、さらに図形が動いて変化するという物理的特徴があるため、より理解へつなげやすい授業となっています。

もちろん講師の解説も含めると視覚情報+聴覚情報を同時に得られるため、かなり視覚優位の場合でも理解しやすいといったメリットがあります。

視覚的な情報がかなり豊富で、さらに動きを伴った理解しやすい家庭学習が期待できる勉強法です。

yukky

発達障害支援の専門家による「おすすめのアニメーション授業」がこちら。

発達障害のある中学生にすすめたい支援専門家監修のタブレット学習

発達障害のある中学生にすすめたい支援専門家監修のタブレット学習
発達障害のある中学生にすすめたい支援専門家監修のタブレット学習について詳しくお話ししていきます。発達障害の中学生にタブレット学習をお考えでしたらきっと本当の意味で納得いくと思います。

 

視覚優位おすすめ勉強法②通信教育(講師授業)を利用

視覚優位おすすめ勉強法②通信教育(講師授業)を利用

勉強法のメリット
  • 視覚情報中心の学びによって理解しやすい
  • 視覚情報とともに詳しい解説で学べる
  • 楽しさ要素がほぼないため勉強に集中しやすい など

発達障害(視覚優位)におすすめの勉強法として、デジタル教材のひとつでこの「講師による映像授業」もおすすめ。

アニメーション授業のように、楽しさ要素があると気が散ってしまうという場合に適した勉強法です。

学校授業のようなスタイルが特徴で、講師の解説なので違和感なく学べるのが特徴。また詳しい解説になりやすいのも講師の映像授業におけるメリットになります。

もちろん解説スタイルとしては視覚情報中心で、黒板やホワイトボードを使った解説、視覚情報による優位性が高い教科・分野などはイラストや写真によって解説されるため理解しやすいかと。

こうした講師による映像授業が搭載されているデジタル教材は、ほとんどの場合が解説内容をホワイトボードなどで示す視覚情報中心という解説スタイル。したがって発達障害で視覚優位の場合、かなり理解しやすく適した勉強法になります。

アニメーション映像授業とは似て非なるもので、根本的に異なる部分が多く、より詳しい解説と視覚情報の多さという点においておすすめのスタイルです。

デジタル教材のなかでも優秀な映像授業の場合は、講師の解説がなくとも、視覚情報だけで十分に理解可能となっていることも少なくありません。

yukky

とくに「講師の映像授業」でおすすめなのがこちら。

スタディサプリは発達障害に効果があるのか体験口コミレビュー

スタディサプリは発達障害に効果があるのか体験口コミレビュー
グレーゾーンの私自身が「スタディサプリと発達障害の相性」について効果があるのか体験して口コミレビューします。スタディサプリと発達障害の特性を考慮して正直な感想を口コミしていきます。

 

視覚優位おすすめ勉強法③オンライン指導を利用

視覚優位おすすめ勉強法③オンライン指導を利用

勉強法のメリット
  • 機材スタイルにより視覚情報中心の学びができる(1カメラシステム)
  • 視覚を伴った直接指導により理解しやすい
  • マンツーマン指導のため疑問解消がしやすい など

発達障害(視覚優位)の場合は、オンライン指導のなかでも「1カメラシステム」を選ぶことでより理解しやすくなります。

オンライン指導というのは訪問型家庭教師の進化系で、インターネット指導が受けられるスタイル。

したがって直接的な対面指導が苦手という場合でも緊張感が少なく、しかも学力に応じて最適なマンツーマン指導が受けられるため、発達障害のある家庭全般において人気の勉強法です。

さらに「1カメラシステム」が視覚優位に有効な理由としては、インターネット端末のモニター内で情報共有できるため。ウェブカメラさえあれば学習内容はすべてモニターに映し出される「共有ノート」で意思疎通できるというシステムで、具体的な指示を視覚的に受けられるため理解へつなげやすい機材システムといえます。

またオンライン指導ということで派遣エリアという概念がなく、全国どこでも指導を受けられるのが利点。全国区のため優秀な講師も集まりやすく、訪問型の家庭教師と比較しても高い優位性を期待できる勉強法です。

ただし料金体系には注意が必要で、しっかりと探って選ぶことがポイント。

したがって発達障害で視覚優位がある場合は「1カメラシステム」を意識して、さらに健全な料金体験で運営されていることをチェックすれば、かなり視覚的にもわかりやすく有効な勉強法になります。

yukky

こちらで「間違いなくおすすめ」といえるオンライン指導を紹介しています。

発達障害の中学生に適した「オンライン家庭教師」おすすめベスト3選

発達障害の中学生に適した「オンライン家庭教師」おすすめベスト3選
発達障害の中学生におすすめなオンライン家庭教師を3選にしてご紹介します。家庭教師で「講師との対面」に不安のある家庭へおすすめなオンラインでの勉強方法です。

 

発達障害「視覚優位」にむけ勉強法を選ぶポイント

発達障害「視覚優位」にむけ勉強法を選ぶポイント

発達障害(視覚優位)の勉強法として、つぎのポイントを抑えるのがおすすめです。

  • 視覚情報中心で学べる
  • 音声や動きを伴った解説がある
  • 定着要素がある

最低でも抑えておきたい3つのポイントで、1つでも欠けると効果半減となるため要注意。

各家庭による独自学習、通信教育、ほかの勉強法いずれにおいても共通するポイントになるので、まずはこの3点をしっかりとチェックして勉強法を選んでみてください。

さらに詳しく、これらポイントの内容について解説します。

ポイント①視覚情報中心で学べる

ポイント①視覚情報中心で学べる

発達障害(視覚優位)におすすめの勉強法を考えるとき、最も重要といえるのが「視覚情報の多さ」です。

いくら学習効果が期待できる文章解説を読ませてみても、視覚優位である場合はなかなか理解へつなげることが難しいもの。最低条件ともいえるこの「視覚情報」がしっかりと備わっていることが重要なポイントで、視覚情報をよく理解するので勉強法選びの必須といえるポイントになります。

視覚情報を具体的にいえば、イラストや図面などが多用されている、ホワイトボードなどで解説がしっかり書き込まれているなど。つまり「見ただけで理解へつながる要素」が多いほど視覚優位には有効で、聴覚を使って聞く解説内容よりも注目すべきポイントになります。

たとえば独自学習においては親の工夫が必要になったり、通信教育では視覚情報が多用された映像授業があるなど、それぞれ勉強法によってチェックする観点が異なります。

いかなる勉強法においても豊富な視覚情報というのは必須項目となり、発達障害で視覚優位の場合にもっとも理解へつながるポイントともいえます。

発達障害で視覚優位の場合は、まずこの「視覚情報の多さ」をチェックすることをお勧めします。

ポイント②音声や動きを伴った解説がある

ポイント②音声や動きを伴った解説がある

発達障害で視覚優位といっても、サポート的役割として「聴覚情報」がまったく無駄になることはありません。

どちらかといえば視覚情報を理解しやすいという状況のため、聴覚からの情報もできる限り豊富に備わっている勉強法であることがポイント。目で見て耳で聞くという、2つの情報を同時に得られることによって、より理解へつなげやすい場面も多くなることが期待できます。

子供本人の状況としては、まず「視覚情報を理解しようとする」、続いて「聴覚情報でより理解しようとする」といった流れで勉強を進めるため、音声による解説というのも重要なポイント。

また視覚情報として講師の動き(パフォーマンス)なども効果的な情報源となるので、さらに理解へつなげやすい勉強法となります。

家庭における「独自学習」では視覚情報に基づいた解説を同時進行する、また「通信教育」においては、理解へつなげやすい視覚情報とともに詳しい解説があるなど。

発達障害で視覚優位といっても、この聴覚情報というのも勉強法において極めて重要なポイントです。

ポイント③定着要素がある

ポイント③定着要素がある

いくら優良な視覚情報によって勉強を理解できても、しっかりと身につきテストで点数がとれなければ効果半減。

そこで勉強法に必須といえるポイントが「定着要素」という部分で、がんばって理解した知識を定着によってしっかり安定させるというもの。この定着要素が備わっていることも、発達障害の視覚優位における勉強法として大きなポイントになります。

まず理解するまでは視覚情報が重要な役割を果たしますが、この定着部分についてはそこまで必要なし。いったん理解してしまえば視覚要素ではなく、定着については頭の中において想像力を使って学ぶため視覚情報というのはあまり考えなくても問題ありません。

定着要素を具体的にいえば、できる限り多くの演習問題が備わっているなど。できるだけ多くの演習問題があって網羅性も高い、という構成であることが勉強法として重要になります。

まずは視覚情報を駆使して理解する、つぎは視覚要素は大きく必要なく、理解した知識をもとに定着を図るという順番があること。

勉強のベースとして「理解と定着」はワンセットともいわれているため、発達障害で視覚優位の場合でも、このセットについては確実に備わっていることが大切です。

 

まとめ

yukky

今回は「発達障害(視覚優位)におすすめの勉強法が知りたい」という疑問に対して、

発達障害「視覚優位」の中学生におすすめ3つの勉強法

発達障害「視覚優位」にむけ勉強法を選ぶポイント

などの項目を用いて、私自身の経験をもとにベストと思う回答を行ってきました。

発達障害で視覚優位という場合は、まず「豊富な視覚情報」が勉強法に必須となる重要ポイント。

また視覚情報だけではなく聴覚情報についてもサポート的な役割として重要となるため、視覚優位だけにこだわらず総合的にバランスの取れた勉強法を実践することがおすすめです。

発達障害で視覚優位という状況は、決してマイナスではありません。

視覚情報を効率よく理解できる能力として極めて秀逸といえる部分なので、親のほうがその能力をしっかりと引き出せるようサポートすることが大切になります。

発達障害の視覚優位における勉強法として、今回の内容をぜひお役立てください。

 

タイトルとURLをコピーしました