ADHDの中学生は通信制高校に進学させるという手段も有効

ADHD中学生の場合は全日制の高校に行くと不便に感じる事が多くなるので、通信制高校を選ぶこともひとつの手段になります。

通信制高校ならメリットが多く、ADHDの中学生でも安心して通学を行う事が可能です。

通う日数は選ぶ高校によって違いますが、基本的に自宅で課題を行うのが主になるので目を離す事もなく安心です。自分のペースで勉強を進める事もできるので、ADHDの中学生でも負担がかかることがありません。

通信制高校を選ぶときのポイント

ADHD 中学生 通信制高校

ADHDの中学生が通信制高校に通う際は、障害全般に理解がある所を選ぶようにして下さい。普通の所ではなく、少人数制を採用している所の方が講師の目も行き届きやすく、安心して子供を通わせる事ができます。

他にも特別なコースやプランを用意してくれる学校もあるので色々調べてみることも必要です。

カウンセラーの有無について

ADHD 中学生 通信制高校

次に選ぶ点として大切なのがカウンセラーの在籍の有無になります。特にメンタルに関して弱くなる事が多いので、日々のサポートをしてくれるカウンセラーが居ると居ないのでは全く違ってきます。

カウンセラーが居てくれれば、子供のメンタルが不安定なる事もなく、いつでも楽しく学校に通う事ができるので、卒業まで安心です。カウンセラーは色々な方が居られますので、どの分野に精通しており、何人ほど居るのかも念の為、確認をしておくことも大切です。

コミュニケーションについて

ADHD 中学生 通信制高校

次に大切なのが、コミュニケーション能力を高めるような授業を行ってくれるかどうかです。

通常の授業でもコミュニケーション能力は身につける事ができますが、通信制高校の場合はコミュニケーション能力を高めてくれる専門的な授業を展開してくれる学校も存在します。

どこでもしている訳ではありませんが、学校の勉強だけでは卒業後の進路にも悩むことになるので、出来るだけ専門的な通信制高校を選ぶようにして下さい。

それ以外にも進路相談に力を入れている学校もあり、就労支援なども行われている所を選ぶのも一つの手段です。卒業後に自分に合った仕事をお世話してくれるので、学校の勉強にも力を入れて取り組む事が出来るようになります。

この就労支援の有無により今後の将来を左右する事にもなりますので、子供と相談してから学校を選ぶことにして下さい。

通信制高校はなるべく近い所が便利

ADHD 中学生 通信制高校

また通信制高校は自宅で勉強をする事が主ですが、全く通わなくて良いわけでもないので、自宅から出来るだけ近い場所を選ぶのも大切です。自宅から遠すぎる場合は通学する事にストレスを感じてしまい、メンタルが不安定になってしまう事も考えられます。

駅から近い所を選んだり、徒歩圏内で通学できるような所を選んだほうがいいです。出来るだけ自分が住んでいる都道府県内の学校に行くことが大切です。

それ以外にもどの様な生徒が通っているのかも調べておくと便利です。在籍している生徒がADHDに関して理解力があり、きちんと自分の子供と仲良くしてくれるかどうか判断することが出来ます。

高校生なので分別はついているはずですが、校風の良くない所を選んでしまうと通っている生徒もそれなりになってしまいますので、評判や偏差値も気にするようにして下さい。

個別指導で授業を行ってくれる学校の場合には生徒の数が少ないので、大勢で居るのが苦手な子供でも安心ですし、友達も作りやすい環境と言えます。

個別指導の場合は一般的な学校に比べると学費が高額なケースもありますが、将来の事や子供の事を考えた場合には少しでも良い所に通学させるのが一番ベストな方法です。

ADHDの中学生は高校の先も考えておくことも大事

ADHD 中学生 通信制高校

人生は長く、学校を卒業しても就職や進学などがまだまだ待っています。それらにきちんとステップアップ出来るような学校を選ぶ事により、子供も安心して次のステージに行く準備をする事が可能になります。

大手の所はこの問題に力を入れている所も多く、カウンセラー以外にも専門の講師を雇い入れたり、不測の事態に備えてあらゆる対策をしている所もありますので、入学する前にはインターネットなどで前評判を調べておくのも良いです。

他にも実際に見学できる所もあるので、資料を取ったり予約をするなどして少しでも多くの学校について雰囲気を感じてみるのは良い選択につなげるために必要です。

まとめて資料請求してみてください。通信制高校の大体のことが詳しく分かります。

ズバット通信制高校比較

今ではインターネットで何でも情報が手に入る世の中になりましたが、実際に見てみると違うことも沢山あります。

大人の感性と子供の感性も違いますので、学校選びを行う際は大人の意見だけを押し付けずに子供と一緒に学校を見学して選ぶ事で、子供も納得して通うようになるはずです。

特に中学生の場合は今まで辛い思いをしてきた子供は学校に通う事に対して、抵抗を持っている事もあり、自分が納得しないと動いてくれない子がほとんどになります。

まとめ

ADHD 中学生 通信制高校

無理矢理通学をさせてもメンタルに悪影響を及ぼしてしまうので、子供の意見をとりあげるのはとても大切です。

ナーバスになる時期でもあるので、学校選びをする時には子供とよく話し合いを行ってみてください。どの様な所に行きたいのか聞いてあげると子供も素直に答えてくれるはずです。

親として一緒に頑張る姿勢を子供に見せてあげる事が大切になります。

 

 人気記事 

発達障害のある中学生にすすめたい支援専門家監修のタブレット学習

コメント

タイトルとURLをコピーしました