※当サイトは一部「PR」を含みます。

4月の期間限定キャンペーン中!
すらら高校受験にむけた、総仕上げの悩みは「無学年式」でしっかり解消!
「すらら」が期間限定
入会金0円キャンペーン中です。
✅ 詳しくは➝ https://surala.jp

 

オンラインプログラミング教室「デジタネ」の口コミなど総合レビュー

オンラインプログラミング教室「デジタネ」の口コミなど総合レビュー

yukky

こんにちはグレーゾーンのゆっきーです。

今回は「デジタネの口コミは?発達障害におすすめ?という疑問に答えます。

この記事ではデジタネに関する口コミや利用者の総合評価を探ることで、その教室の特徴や利点、欠点について詳しく検証していきます。

次のような家庭へおすすめの内容です。

  • 中学生の発達障害を持つ子供がいる
  • プログラミング学習の必要性を感じているが、適切な教室選びに悩んでいる
  • オンラインで柔軟に学習を行いたいと考えている
  • 子供の学習ニーズや興味に合わせたカリキュラムを探している

オンラインプログラミング教室「デジタネ」は、近年急速に人気を集めているプログラミング学習プラットフォームの一つ。

さまざまな観点から「デジタネ」がどのようなプログラミング教育の提供者なのか、そして中学生の発達障害の子供たちにとって適切な選択肢であるかどうかを考察します。

デジタネ✅ こちらから「無料体験」ができます。

→ 【AD】デジタネ

プログラミング教室デジタネとは?

プログラミング教室デジタネとは?出典:デジタネ

デジタネ(旧D-SCHOOLオンライン)は、小中学生向けのオンラインプログラミング教室であり、自宅で手軽に学ぶことができます。

特に「マインクラフト」や「Roblox」など、子供たちに人気のあるゲームを活用しながらプログラミングを学ぶことができます。さらに男女問わず楽しめる「ディズニーコース」もあり、幅広い年齢層に対応しています。

デジタネのセールスポイントは以下の通りです。

  • 月額3,980円から100以上のレッスンが受け放題
  • 14日間の無料体験があり、気軽に始められます
  • 自宅で受講できるため、送迎の手間が不要
  • ヒルナンデス!などメディアでも紹介された実績があります
  • 2022年度にはキッズデザイン賞を受賞し、高い評価を得ています
  • 受講者の満足度は約90%で、教材の質や継続・紹介意向が高いことが調査結果からわかります。

デジタネのターゲットユーザーは全国の小中学生の子供がいる家庭で、特にプログラミング教室が近くにない、子供がマインクラフトやRobloxなどのゲームが好き、またはディズニーやピクサーの作品が好きな家庭です。

デジタネの口コミ・評判

デジタネの口コミ・評判

デジタネの口コミ・評判について

プログラミング教室「デジタネ公式サイト」の口コミ・評判情報をまとめると以下のようになります。

【マイクラッチコースに関する口コミ】

  • マイクラッチのコースは、韓国語でスクラッチやロボットコーディングを学んでいた経験を活かしてスムーズに学べた。
  • 定義ブロックを使ったスクラッチのゲーム作りが楽しく、マイクラッチで新たな楽しみを見つけた。
  • 動画解説は分かりやすく、特に難しいミッションでも簡潔で理解しやすかった。
  • スイミングや英語との両立も可能で、自宅での学習時間を確保できる。
  • 初期のセッティング以外は自分で取り組み、基本的にサポートなしで進めている。
  • 今後はマイクラッチで建築に挑戦し、自由度の高い作品を作りたいと考えている。

【Robloxコースに関する口コミ】

  • Robloxのコースは新鮮で本格的なテキストプログラミングに挑戦できる。
  • テキストプログラミングは初めてだが、ロブロックスでの進行が理解しやすく英語にも慣れた。
  • Robloxのゲーム作りに夢中で、将来的にはアクションゲームを制作したいと考えている。
  • AIの発展に備えて子供にテキストプログラミングを学ばせたいという親の考えからRobloxコースを選んだ。
  • 子供はプログラミングに熱中し、自力で課題解決に取り組む姿勢が身についている。

【オンラインコースに関する口コミ】

  • プログラミング教室のオンラインコースは非常に楽しく、さまざまな課題に挑戦することが特に楽しいと感じている。
  • 自分でプログラミングをすることができる点が楽しいとされ、特にマインクラフトでのプログラミングに興味を持っている。
  • 動画解説は非常にわかりやすく、繰り返し見ながら進めることで理解が深まっている。
  • プログラミングには基本的に自分で取り組んでいるが、パソコンの操作についてはお母さんに聞くこともある。
  • 理解できないときは先生のプログラムを紙に書き起こし、確認しながら進めている。

【オンラインコースの親の声】

  • 子供がゲームや動画が好きであることから、受け身ではなく積極的に学べるようにとオンラインコースを始めた。
  • オンラインコースは自分のペースで進められるため、子供が自由な時間に取り組める点が魅力的であると感じている。
  • 子供の将来を見据えて、オンラインでの学習経験が有意義であると考えており、今後の働き方の変化にも対応できる教育として価値があると認識している。

【個別の受講生の声】

  • 動画を見ながらプログラミングを学ぶことが楽しく、完成した作品の達成感が大きいと感じている。
  • 動画のわかりやすさや途中で確認できる点が学習を助けていると述べている。
  • 基本的に自分で取り組んでいるが、わからない部分は親に聞くこともある。
  • 学校や塾との両立も可能で、自由な時間に学習できるのがうれしいと話している。

【将来の展望】

  • プログラミングを通じてさまざまな作品を作りたいと考えており、ロボットやゲームの制作に興味を持っている。
  • プログラミングの学習を通じて、自分の理想に近づくための努力や修正の重要性を理解している。

【オンラインコースのメリット】

  • 子供が自分のペースで学習できるため、忙しいスケジュールの中でも取り組みやすい。
  • 動画を見ながら学ぶことで、理解が深まりやすく、自分の進捗状況を把握しやすい。
  • ゲームや動画を通じて楽しく学ぶことができるため、学習意欲が高まる。

デジタネ公式サイトより抜粋

デジタネの口コミ・評判について私の感想

yukky

デジタネは発達障害の中学生にとって非常に有益なプログラミング教室と言えます。その理由をさらに詳しく掘り下げてみましょう。

ゲームや動画を活用した学習環境

デジタネではマインクラフトやRobloxなど、人気のあるゲームをプログラミング教材として活用しています。これらのゲームは直感的で視覚的な要素が豊富であり、発達障害のある中学生にとって理解しやすい学習環境を提供します。また動画を活用した解説もあり、文字による説明だけでは難しい概念もビジュアルで理解しやすくなっています。

自宅での学習が可能

オンラインコースであるデジタネは、自宅からインターネットに接続できる環境があれば受講が可能です。これは特に発達障害のある中学生にとって重要で、外部の刺激や環境の変化が少ない自宅で、安心して学習を進めることができます。

自己ペースでの学習が可能

デジタネのコースでは、動画やテキストを通じて学習を進めるため、中学生が自分のペースで学習を進めることができます。発達障害のある生徒は学習の速度やスタイルが異なる場合がありますが、デジタネの柔軟な学習環境はそれに対応できます。

親や担当者との連携が容易

デジタネでは生徒の進捗状況や理解度を親や担当者と共有する機能があります。これにより、家庭や学校でのサポート体制を構築しやすく、生徒が安心して学習に取り組むことができます。

コミュニティやサポート体制の充実

デジタネでは生徒同士や講師とのコミュニケーションを図るためのコミュニティ機能や、学習中に質問や疑問を解消するためのサポート体制が充実しています。発達障害のある生徒は不安や疑問を抱えやすいため、こうしたサポートがあることで学習意欲が高まります。

yukky

総じて、デジタネは発達障害のある中学生にとって、ゲームや動画を活用した楽しい学習環境や自宅での自己ペース学習、サポート体制の充実など、多くのメリットを提供しています。

これらの要素が組み合わさり生徒が自信を持ってプログラミングを学び、成長することを支援しています。

デジタネのコース・カリキュラム

デジタネのコース・カリキュラム

デジタネのコース・カリキュラムについて

デジタネのプログラミング教室は、幅広い年齢層に向けた様々なコースを提供しています。その中でも特に人気なコースを以下にまとめます。

ディズニーコース

  • 対象学年: 小学1年生〜
  • ディズニーやピクサーの作品をテーマにした楽しいプログラミング学習コースです。
  • 小学1年生からプログラミング的思考や基礎知識を学びます。
  • ミッキーマウスや『塔の上のラプンツェル』など、12作品の世界観を通じて学びます。

マイクラッチ

  • 対象学年: 小学1年生〜中学生
  • 子どもたちに人気のマインクラフトを使ったプログラミング学習コースです。
  • 毎回作成したプログラムが実際のマインクラフトに反映されるため、達成感が得られます。
  • デジタネオリジナルキャラクター・マイクラキングと一緒に楽しくプログラミングを学びます。

ロブロックス

  • 対象学年: 小学5年生〜中学生(ビジュアルプログラミング履修者向け)
  • 全世界ユーザー数2億人の大人気ゲームであるRoblox(ロブロックス)を使ったプログラミング学習コースです。
  • 3Dゲームを制作し、世界に共有することができます。

スクラッチ

  • 対象学年: 小学3年生〜中学生
  • プログラミング初心者向けのコースで、Scratchを使ってさまざまなゲームを作りながら学びます。

これらのコースでは、オンライン上でのレッスンや各種イベント、コンテスト、サポート機能などが提供され、生徒たちは楽しみながら効果的にプログラミングを学ぶことができます。

デジタネのコース・カリキュラムについて私の感想

yukky

デジタネのコース・カリキュラムは、発達障害の中学生にとって非常に有益であると言えます。以下にその根拠を検証します。

ディズニーコース

対象学年が小学1年生からであり、プログラミング的思考や基礎知識を身につけることができます。ディズニーやピクサーの世界観をテーマにした学習は、視覚的な要素が豊富であり、発達障害のある中学生にとって理解しやすい環境です。

マイクラッチ

マインクラフトを使ったプログラミング学習コースは、毎回作成したプログラムが実際のゲームに反映されるため、達成感を得られます。また、デジタネオリジナルキャラクターと一緒に学ぶ楽しさもあります。マインクラフトは中学生に人気のあるゲームであり、その世界観に没頭することで学習意欲を高めることができます。

ロブロックス

ロブロックスは全世界で人気のあるゲームであり、3Dゲームを制作し世界に共有することができます。中学生向けのコースでは、ビジュアルプログラミングを学ぶことができます。発達障害のある生徒でも直感的に操作できるビジュアルプログラミング環境は、学習のハードルを下げることができます。

スクラッチ

スクラッチはプログラミング初心者向けのコースで、小学3年生から学ぶことができます。Scratchを使ってさまざまなゲームを作りながらプログラミングを学ぶことができます。Scratchは直感的なブロックプログラミング言語であり、発達障害のある中学生でも理解しやすい環境です。

yukky

これらのコースは、視覚的で直感的な要素が豊富であり、オンライン上でのレッスンやサポート機能が充実しているため、発達障害のある中学生が楽しみながら効果的にプログラミングを学ぶことができます。

また、自宅で学習を進めることができるため、外部の刺激や環境の変化が少ない安定した学習環境を提供します。

デジタネの使い方

デジタネの使い方

デジタネの使い方について

デジタネの使い方をわかりやすくまとめます。

  • 特典サービスの利用
    登録した方限定で、学習期間中にさまざまな特典サービスを利用できます。「enjoy」で楽しみ、「learn」で学び、「Competition」で競い、「support」でサポートを受けましょう。
  • 動画教材での学習
    基本的には動画教材を使用して学習を進めます。講師がYouTuber風に解説する教材なので、楽しく学習することができます。
  • サポート機能
    学習中にわからないことがあった場合は、「チャットサポート」や「学習応援タイム(Zoomで講師と直接繋がる時間)」による学習のサポートがあります。
    これらのサポートは無料でご利用いただけます。
  • ライブ配信授業
    月に1回、デジタネ講師によるオンライン上でのライブ配信授業が行われます。この授業では、提出された作品についてのフィードバックも行われます。
  • コミュニティ機能
    オンライン上のコミュニティ機能を活用して、自分の作品を共有したり、他の作品をチェックしたりすることができます。
  • その他の特典サービス
    パソコンの使い方講座やIT教育講座など、さまざまな特典サービスが提供されています。
    タイピング練習ソフトや年に1度のコンテストなど、さまざまなイベントも開催されています。

デジタネの使い方について私の感想

yukky

デジタネは発達障害のある中学生にとっても適したプログラミング教室と言えます。その理由を詳しく見ていきましょう。

動画教材での学習

デジタネでは、主に動画教材を使用してプログラミングを学びます。発達障害のある中学生にとって、静的なテキストよりもビジュアルな情報の方が理解しやすい傾向があります。

動画教材は視覚的な情報を重視し、手順や概念を明確に示してくれるため、生徒がより深く理解しやすくなります。また、講師がYouTuber風に解説することで、学習がより楽しくなります。

サポート機能

学習中に疑問や困難が生じた場合、デジタネではチャットサポートや学習応援タイムなどのサポート機能が提供されています。発達障害のある中学生は、理解が難しい部分が出てくることがありますが、即座に質問できるサポート体制があることで、学習のストレスを軽減し、自信を持って取り組めるでしょう。

ライブ配信授業

デジタネでは月に1回、ライブ配信授業が行われます。この授業では、生徒が作成したプログラムや作品についてのフィードバックが提供されます。

このようなフィードバックは、生徒の成長を具体的に確認できるため、やる気を高める要因となります。また、生徒同士が作品を共有し合うことで、モチベーションを共有し合えるコミュニティの場も提供されます。

コミュニティ機能

デジタネのオンラインコミュニティは、生徒同士の交流や情報共有の場として活用できます。

発達障害のある中学生は、他者とのコミュニケーションや共感を得ることが重要です。コミュニティは彼らが自分のアイデアや成果を自信を持って発表し、他の生徒の作品を見ることで学び、成長する場を提供します。

その他の特典サービス

デジタネには、パソコンの使い方講座やIT教育講座など、さまざまな特典サービスが提供されています。

また、タイピング練習ソフトや年に1度のコンテストなどのイベントも開催され、生徒の興味を引きつけ、モチベーションを高めることができます。

yukky

以上の理由から、デジタネは発達障害のある中学生にとって、理解しやすい学習形式や豊富なサポート体制を提供することで、自己成長や社会性の向上に貢献するプログラミング教室と言えるでしょう。

デジタネさらに詳しくチェックする。

→ 【AD】デジタネ

デジタネの機材・通信環境

デジタネの機材・通信環境

デジタネの機材・通信環境について

デジタネのコースを受講するには、以下の機材と通信環境が必要です。

機材

  • パソコンまたはiPad
  • パソコン:Windows 10以降またはmacOS 10.14.5以降が動作するパソコンが必要です。

推奨環境

  • CPU:Intel Core i5-4690 3.5GHz以上またはAMD A10-7800 APU 3.5GHz以上
  • RAM(メモリ):4 GB以上
  • GPU:OpenGL 4.5を搭載したGeForce 700シリーズまたはAMD Radeon Rx 200シリーズ(統合チップセットを除く)
  • 空き容量:4GB以上(推奨)
  • iPad:第7世代以降のiPadが利用可能です。
  • マイクラッチコースのステージ1、ディズニーコース、ScratchコースはiPadでも受講可能です。

通信環境

  • インターネット環境:受講には安定したインターネット接続が必要です。
  • 14日間の無料体験が用意されていますので、実際に利用できるか確認することができます。

※ マイクラッチコースのステージ2以降の受講では、マインクラフトJava版の購入をおすすめしています。
※ タブレット用キーボードが必要なミッションがあるScratchコースもありますので、iPadを使用する場合はそれを用意してください。

デジタネの機材・通信環境について私の感想

yukky

発達障害のある中学生におすすめであるかどうかを検証するためには、以下のポイントを考慮し、アドバイスを提供します。

機材の適合性

デジタネのコースを受講するために必要なパソコンやiPadのスペックが示されています。

発達障害のある中学生にとって、学習に適したデバイスを選択することが重要です。指示に従い、機材を適切に準備することで、学習のストレスを軽減し、集中力を高めることができます。

iPadの利用可能性

デジタネでは、一部のコースがiPadでも受講可能です。

iPadは直感的な操作性や移動性に優れており、発達障害のある中学生にとって使いやすいデバイスと言えます。そのため、iPadを使用することで、学習環境を適応させ、子供たちがより快適に学習できるかもしれません。

通信環境の安定性

デジタネの受講には安定したインターネット接続が必要です。

発達障害のある中学生は、学習中に予期せぬ技術的な問題や通信障害に敏感です。安定した通信環境が確保されていることは、学習の安定性と継続性を確保する上で重要です。

無料体験の活用

デジタネでは14日間の無料体験が提供されています。

この期間を活用して、実際の学習環境を試し、子供たちが機材や通信環境に適応できるかどうかを確認することができます。

yukky

総合的に見て、デジタネの機材・通信環境は発達障害のある中学生にとって十分に適していると言えます。

ただし、個々の子供の特性やニーズに応じて、適切なサポートや環境の提供が必要です。

家庭では、子供たちが快適に学習できる環境を整えるために、機材や通信環境の適切な準備を行うことが重要です。

デジタネの料金

デジタネの料金

デジタネの料金について

デジタネの料金プランは以下の通りです。

月々プラン

  • 月額: 4,980円(税込)
  • 特典: マインクラフトやRobloxなど100以上のコンテンツが月額料金で受け放題!

年間プラン(月々払い)

  • 月額: 3,980円(税込)
  • 年間合計: 12,000円おトク!
  • 特典: マインクラフトやRobloxなど100以上のコンテンツが月額料金で受け放題!

料金プランは月々払いとなり、途中で料金プランを変更することも可能です。

デジタネの料金について私の感想

yukky

デジタネの料金プランを検証し、発達障害のある中学生におすすめであるかどうかを考察します。

月々プランの利点

月々プランは4,980円で、マインクラフトやRobloxなど100以上のコンテンツが受け放題という特典が付いています。このプランは月額払いであり、初めてプログラミング教室を利用する家庭にとって、比較的負担が少なく手軽に始められる点が魅力です。

年間プランの利点

年間プランは月々払いで、月額料金が3,980円となり、年間合計で12,000円おトクとなります。このプランもマインクラフトやRobloxなどのコンテンツが含まれており、月々の負担が少なく、継続的な学習を希望する家庭にとって経済的に有利です。

料金プランの柔軟性

どちらのプランも月々払いであり、途中で料金プランを変更することが可能です。これは、子供の学習ペースや興味に応じて柔軟に対応できる点で重要です。特に発達障害のある中学生は、学習のペースが異なることがありますので、柔軟なプランが求められます。

yukky

総合的に見て、デジタネの料金プランは比較的リーズナブルであり、月々プランや年間プランともにマインクラフトやRobloxなどの豊富なコンテンツが含まれています。また、料金プランの柔軟性も高く、家庭の経済状況や子供の学習ペースに合わせて選択できる点が魅力的です。

発達障害のある中学生を育てる家庭にとって、費用対効果や柔軟性を考慮することが重要です。

デジタネの料金プランはその点で家庭に寄り添った選択肢と言えます。ただし、子供の興味や学習スタイルに合ったプランを選ぶことが成功の鍵です。

家庭での話し合いや子供の意向を尊重しながら、最適なプランを選択することが大切です。

デジタネの無料体験

デジタネの無料体験

デジタネの無料体験について

申込み方法

  • 無料体験は専用のページから申し込むことができます。

内容

  • 14日間の無料体験で、マイクラやRobloxなどの主要コースを体験できます。
  • 期間限定で、パソコン版マイクラの代金が実質無料になります(年間プラン申込者のみ対象)。

申込みフォーム

  • 保護者のメールアドレスと普段使っているメールアドレスを入力します。
  • パスワードは、半角英数字で8桁以上のものを設定します。

同意事項

  • 申込みフォーム送信前に、利用規約とプライバシーポリシーに同意する必要があります。

デジタネの無料体験について私の感想

yukky

デジタネの無料体験が発達障害の中学生におすすめであるかどうかを検証します。

期間の長さと内容の豊富さ

デジタネの無料体験は14日間と比較的長い期間であり、マイクラやRobloxなどの主要コースを体験することができます。このような長期間の体験は、中学生がプログラミングに興味を持つかどうかを十分に判断するのに役立ちます。

特に発達障害のある中学生は、新しい学習環境に適応するまでに時間がかかることがありますので、十分な期間が提供されることは重要です。

パソコン版マイクラの無料提供

期間限定で、無料体験に申し込んだ際にはパソコン版マイクラの代金が実質無料となります。

この特典は年間プラン申込者のみが対象ですが、中学生がプログラミングを学ぶ際にマインクラフトが活用されることが多いため、興味を引きやすい点がメリットです。

同意事項の確認

申し込みフォームを送信する前に、利用規約とプライバシーポリシーに同意する必要があります。

このような配慮が、保護者にとって安心感を提供し、中学生が安全に無料体験を利用できる環境を整えています。

yukky

総合的に見て、デジタネの無料体験は発達障害のある中学生におすすめであると言えます。

長期間の体験やマインクラフトの無料提供、そして利用規約の明確な説明などが、安心して参加できる環境を提供しています。プログラミング教室を考えている家庭にはこの無料体験を利用して、子供の興味や適性を確かめる良い機会となるでしょう。

デジタネの退会(解約)

デジタネの退会(解約)

デジタネの退会(解約)について

デジタネの退会(解約)手続きに関するポイントは以下の通りです:

月額プランの退会手続き

  • 月額プランの受講生が退会する場合は、「マイページ」から退会手続きを行います。
  • 退会手続きを行った場合、翌決済日をもって退会が完了します。
  • 月額プランの契約期間は申込日から1か月間です。

年間プランの退会手続き

  • 年間プランの受講生が退会する場合も「マイページ」から退会手続きを行います。
  • 退会手続きを行った場合、翌決済日をもって退会が完了します。
  • 年間プランの契約期間は申込日から1年間です。

自動更新について

  • 受講生が退会手続きを行わない場合、契約期間が満了すると自動的に契約が更新されます。
  • 2回目以降の利用料金は前述の契約条件に基づいて決済されます。

契約期間の中断

  • 契約期間は、理由の如何を問わず中断されることはありません。
  • ただし、プランの終了やサービスの終了により、契約期間が途中で終了する場合があります。

デジタネの退会(解約)について私の感想

yukky

デジタネの退会(解約)手続きについて、発達障害のある中学生におすすめであるかどうかを検証します。

月額プランの柔軟性

月額プランの場合、退会手続きを行った場合、次回の決済日をもって退会が完了します。

この点から、中学生が継続的に利用することに不安を感じる場合や、興味を失った場合に比較的容易に退会できるという柔軟性があります。発達障害のある中学生は、興味や関心が急激に変化することがありますので、柔軟な退会手続きが役立つ可能性があります。

自動更新の明確化

自動更新に関して、契約期間が満了すると自動的に契約が更新されますが、この点が十分に明確化されています。これにより、家庭や保護者が契約の更新を見落とすことなく、予期せぬ費用が発生する可能性を軽減できます。

特に発達障害のある中学生の場合、契約の自動更新が意図せず継続されることでトラブルが生じることがありますので、この点が重要です。

契約期間の中断に関する明記

契約期間の中断について、明確に記載されています。

ただし、契約の中断は契約条件に基づいて行われ、自由に行うことはできません。発達障害のある中学生の場合、学習のモチベーションが一時的に低下することがありますので、この点を理解しておくことが重要です。

yukky

総合的に見て、デジタネの退会(解約)手続きは発達障害のある中学生にとっても比較的利用しやすいシステムと言えます。しかし、契約期間の中断に関しては制約があるため、退会を考える際には契約内容をしっかりと確認することが重要です。

これからデジタネまたはプログラミング教室を検討している家庭には、契約条件や退会手続きについてよく理解し、子供のニーズや状況に合った選択をするようアドバイスします。

デジタネの発達障害における効果

デジタネの発達障害における効果

デジタネのプログラミング教室が発達障害の中学生にもたらす効果は以下の点が挙げられます。

集中力の向上

プログラミングは論理的思考や問題解決能力を養うため、中学生の集中力向上につながる可能性があります。発達障害のある中学生にとって、継続的なプログラミング学習は集中力の養成に役立つかもしれません。

プログラミングの学習過程で、問題に取り組む姿勢や目標に向かって努力する姿勢を身につけることができます。

自己表現の手段

プログラミングはコンピュータを通じてアイデアや感情を表現する手段です。

中学生が自分の考えや興味をプログラムに反映させることで、自己表現のスキルが向上する可能性があります。特に、言葉でのコミュニケーションが苦手な中学生にとって、プログラミングは自分を表現する重要な手段となるかもしれません。

自己肯定感の向上

成功体験を積み重ねることで、自己肯定感が向上することが期待されます。

プログラミングにおいて、中学生が問題を解決し、作品を完成させる過程で成功体験を得ることができるでしょう。自分で考えたアイデアを実現することで、自信を持つことができます。

社会的スキルの発展

デジタネのコースではオンライン上でのコミュニケーションや共同作業も行われます。

これにより、中学生は他者との協力やコミュニケーション能力を発展させることができます。チームでのプロジェクトやディスカッションを通じて、リーダーシップや協力の大切さを学ぶことができます。

yukky

以上の効果が、プログラミング教室デジタネが発達障害の中学生にもたらす可能性があるものです。

ただし、個々の中学生の状況や特性によって効果は異なるため、家庭では子供の状態に合ったプログラミング教室を選択することが重要です。

デジタネのメリット・デメリット

デジタネのメリット・デメリット

デジタネのプログラミング教室について、発達障害の中学生におけるメリットとデメリットを客観的に検討します。

メリット

自己表現と自己肯定感の向上

プログラミングは、中学生が自分のアイデアや感情をコンピュータプログラムに表現する手段として機能します。

このプロセスを通じて、彼らは自らの能力や創造性を発揮し、成功体験を積み重ねることができます。その結果、自己肯定感が向上し、自信を持つことができるようになります。

集中力の向上と問題解決能力の養成

プログラミングは論理的思考や問題解決能力を養うための優れたツールです。

中学生がコードを書き、エラーを修正し、プロジェクトを完成させる過程で、彼らの集中力が高まります。また、さまざまな課題に対して論理的に考え、解決策を見つける能力も向上するでしょう。

社会的スキルの発展

デジタネのプログラミング教室では、オンライン上でのコミュニケーションや共同作業が重要な要素となっています。

このような活動を通じて、中学生は他者との協力やコミュニケーション能力を発展させることができます。また、プログラミングのコミュニティに参加することで、彼らの社会的関与が促進されるでしょう。

デメリット

適切なサポートの必要性

中学生の発達障害は個々に異なるため、適切なサポートが不可欠です。

デジタネの教室でのプログラミング学習は、個別のニーズに対応するための柔軟なサポート体制が必要です。適切な支援が提供されない場合、中学生にとってストレスや挫折をもたらす可能性があります。

過度な負荷と認知的負荷

プログラミング学習は論理的思考や抽象的な概念を理解する必要があります。

発達障害のある中学生にとっては、このような抽象的な概念を理解することが難しい場合があります。過度の学習負荷がかかる可能性があるため、適切なペースで学習を進めることが重要です。

yukky

総合的に考えると、デジタネのプログラミング教室は発達障害のある中学生にとって有益な学習環境を提供できる可能性がありますが、適切なサポートが必要であることを考慮する必要があります。

家庭では、子供の状況やニーズに合わせて教室を選択することが重要です。

デジタネの総合評価(まとめ)

デジタネの総合評価(まとめ)

デジタネのプログラミング教室は、発達障害のある中学生にとって有益な学習環境を提供する可能性がありますが、いくつかのポイントを考慮することが重要です。

まずデジタネのプログラミング教室は自己表現や問題解決能力の向上、集中力の向上などのメリットがあります。プログラミングを通じて中学生は自らのアイデアを形にし、成果物を作成する過程で自信をつけることができます。また、コンピュータプログラミングは論理的思考や抽象的な概念を理解する能力を高めるため、彼らの学習能力や社会的スキルの向上にも繋がります。

しかし、デジタネの教室には適切なサポートが必要です。発達障害のある中学生にとっては、個別のニーズに合わせた柔軟な支援が不可欠。また、プログラミング学習には認知的負荷が伴うため、過度の負荷がかかることがあります。適切なペースで学習を進め、必要に応じて休憩を取ることが重要です。

総合的に考えると、デジタネのプログラミング教室は発達障害のある中学生にとって有益な学習環境を提供できる可能性がありますが、適切なサポートが欠かせません。家庭では子供のニーズや状況を考慮し、継続的なサポートが得られるかどうかを確認した上で選択することが重要です。

yukky

デジタネは、中学生の発達障害を持つ子供たちにとって、柔軟なオンラインプログラミング学習環境を提供します。豊富なコースや無料体験期間、そして退会手続きの柔軟性など、家庭のニーズに合わせたサポートが充実しています。

子供たちは自分のペースで学習し、興味を持つテーマに沿ったプログラミングスキルを身につけることができます。デジタネは、家庭にとって価値のあるプログラミング教室と言えるかと私は思います。

デジタネ✅ こちらから「無料体験」ができます。

→ 【AD】デジタネ

 

タイトルとURLをコピーしました