発達障害の子供へ算数の教え方がわからないときに効果的な3つの方法

発達障害の子供に算数の教え方がわからず悩んでいる方へ。

発達障害の子供を抱えている方の中には、学校の勉強に関する悩みを抱えている方もいるです。そのような方の中には、算数をどのように教えたらいいのかわからずに悩んでいる方も多くいます。

理解度が遅いとイライラしてしまうこともあるかもしれませんが、教え方の工夫次第で状況が変わる可能性もあります。そこでイライラする前に、どのような方法があるのか把握し子供に合った学習方法を実践できる環境を整えることも大切です。

発達障害の子供へ対する算数の教え方①上手な誉め方

発達障害の子供にとって一番つらいことは、誰からも理解されないことです。親が存在を否定したら、さらに状況が悪くなってしまうこともあります。

一桁の足し算のような算数ができない場合、思わず子供を責めてしまう方も多くいます。特に子供が発達障害だとわかる前の段階だと、勉強の時間が足りないと思って多く勉強させることもあるでしょう。

ですが簡単な計算ができないという場合には、まずは病院に行って発達障害を疑うことが大切です。簡単な計算ができない原因を親が理解することで、子供とより良い形で向き合っていくことにつながります。

では実際の算数の教え方について考えていく場合には、どのような点に注意したらいいのでしょうか。

 

まずポイントになるのが、叱るのではなく褒めることを重視した教育方針を心がけるという点です。親に叱られてばかりいたら、子供は自分に自信を無くしてしまいます。

自信を無くすと勉強そのものが嫌いになってしまう可能性もあります。勉強が嫌になると算数ができるようになるまでの時間が長くなってしまう可能性があるので注意しましょう。

 

そこで教え方において注意すべきポイントは、できないことを叱るのではなく「できることを見つけて褒める」ということです。

計算ができないのに何を褒めればいいのかと疑問に感じる方もいるかもしれません。ですが最初のうちは数字がかけたなどの小さなことでもいいので、褒めてあげるようにしましょう。

褒められる回数が増えることによって、子供が勉強することに喜びを感じることにつながります。小さな喜びの積み重ねが、子供が勉強をできるようになるための第一歩なのです。

褒めることが大切なのは、発達障害の子供に対する教え方というだけではありません。障害を持っていない子供にとっても、褒められることは大切です。

また褒められる喜びを実感しやすくなるように、大きな目標を達成出来たらおやつを豪華にするなどのご褒美を用意するのも1つの手です。

<参考記事>

発達障害の子供におすすめ!日課にしたい3つの運動ともたらす効果

発達障害の子供へ対する算数の教え方②子供に合った教材

発達障害の子供に算数を教えるためには、状況を正確に把握することも忘れてはいけません。子供がわかることとわからない点を把握していなければ、適した教え方を選べないのです。

ここで問題になるのが、子供の状況をどのように把握したらいいのかという点です。

 

初めての子育ての場合、状況が正確にわからずに戸惑ってしまう方も多くいます。

また算数が理解できない子供は、自分の状況を上手く説明することはできません。そこで本人に理解度を聞くだけではなく、専門機関の力を借りるようにしましょう。

例えば発達障害と診断された病院やサポートするための専門機関を利用するのも1つの手です。専門の方であれば、算数の教え方に関して詳しいアドバイスができます。アドバイスをもとに、子供にとってどのような形で勉強を進めるのが適切なのか考えていくことが大切です。

 

子供が発達障害を抱えているという場合、周囲に相談できずにふさぎ込んでしまう親も多くいます。自分の子供だからといって、子育ては1人だけで行う必要はありません。

医師や専門機関など頼りにできるところがあるからこそ、気軽に相談できる環境を整えるようにしましょう。相談しやすい環境を整えておくことで、困ったときも1人で問題を抱え込まずに解決に導きやすくなります。

また親が自分の状況をわかってくれないというのは、子供にとってつらいものです。

だからこそ親が発達障害の症状を理解して向き合うことが必要なのです。子供にとって何が問題なのか把握して、より良い形で向き合っていけるようにしましょう。

 

さらに専門機関によっては、専門の教材を用意していることもあります。

算数障害を抱えるような子向けの教材であれば、計算が理解しにくい状況でも学習しやすくなるかもしれません。教え方を工夫するだけではなく、子供に合った教材を使うことも大切です。

状況に合わせて、どのような対策がとれるのか考えていくこともポイントの1つです。

<参考記事>

発達障害コミュニケーション指導者の講義を受けて思ったこと

発達障害の子供へ対する算数の教え方③良き相談相手を作る

発達障害の子供について医師や専門機関に相談しても、思うように悩みが解決できないということもあるでしょう。そのような場合には、子育ての先輩に相談してみるのも1つの手です。

例えば同じ算数障害を抱える子供を育てた経験がある親ならば、自分の悩みを理解してもらえるかもしれません。良き相談相手を作ることによって、子供に適した教え方が見つかる可能性もあります。

 

発達障害の子供を育てた親の先輩といっても、近くにそのような方はいないので相談するのは無理と考えてしまう方もいるでしょう。例えば専門機関に相談することで、同じ算数障害の子供を育てた母親を紹介してもらえる可能性があります。

近くに住んでいる相談相手がいない場合には、SNSなどの手段で悩みを共有するのも1つの手です。パソコンからメールやチャットなどの方法でコミュニケーションを取ることで、直接会うよりも気軽に相談することにつながります。

実際に発達障害の子供を育てた親がどのような教え方をしていたのか把握することで、自分の子育てに役立てられるかもしれません。同じ算数障害を抱えているとしても、それぞれの家庭によって教え方には違いがあります。

だからこそさまざまな事例を参考にして、自分の子供に合った教え方について考えていくようにしましょう。また母親だけで教えるのではなく、父親やほかの兄弟など家族で協力して教えていくことも必要です。

 

またもう1つ忘れてはいけないのが、周りの子供と比べないという点です。

学校でテストなどがあると、周りのお子さんの成績と比較してしまうこともあるでしょう。ですが周りのお子さんと比べるのではなく、自分の子の努力を見ることが大切です。

算数障害を抱えているのであれば、周りのお子さんの成績には簡単に追いつくことができません。だからこそ周りと比較するのではなく、子供が理解できるようになったことを褒めることを意識して教えていくようにしましょう。

<参考記事>

ADHDの中学生に優しく対応して無料体験のある3つの家庭教師

発達障害の子供へ算数の教え方がわからない!まとめ

発達障害の子供を抱えている場合、算数の教え方で戸惑ってしまう方も多くいます。そのようなときに大切なポイントの1つが、理解できることとできないことを親が把握するという点です。

理解できる点を親が把握することによって、子供が安心して学習できることにつながります。また算数障害について理解するために、まずは病院の医師や専門機関などに相談することも忘れないようにしましょう。

 

教え方でわからないことがあれば、発達障害の子供を育てた先輩に相談するのも1つの手です。実際に育てた経験がある方だからこそ、ためになるアドバイスが得られる可能性もあります。

実際に教えるときには、できないことを叱るのではなく褒めることを意識しましょう。

 

親に褒められることによって、勉強する喜びを感じてもらいやすくなります。子供が勉強が楽しいと思うことが、苦手な計算でもできるようにするために必要なことです。

親の接し方1つで、子供のやる気に影響することも忘れてはいけません。

 

 人気記事 

発達障害のある中学生にすすめたい支援専門家監修のタブレット学習

コメント

タイトルとURLをコピーしました